WordPressで文章・コードを使いまわし!プラグインPost Snippets

Post Snippetsを使えば、よく使う文章やコード(HTMLやPHP)を、記事に簡単に挿入できて便利です。

こんな人におすすめです。

  • 定型文やよく使うURLを挿入したい
  • よく使うアフィリエイトのリンクを貼りたい


プラグインのダウンロード方法はこちら>>

WordPressの使い方を調べていると、よく目にするのが「プラグイン」という言葉。 この記事では...

Post Snippetsの基本的な使い方

Post Snippetsがダウンロードできたら、
「設定」→「Post Snippets」を選択

新しい文章・コードを「Add New Snippet」ボタンから追加します。

「Untitled」にカーソルを合わせ、右の三角マークをクリックして編集していきます。

では早速編集していきましょう。編集画面はこのようになっています。

①鉛筆マークからタイトル編集できます
②使いまわしたいテキストやタグを入力します。変数を使うことも可能です
③補足説明はなくてもOK。あれば分かりやすくなります
④変数を使うことがあれば入力します
⑤※
Shortcode:ショートコード化したいとき、PHPでコードを書くときにチェック
PHP Code:PHPコードを入力するときにチェック

文章を登録する

テキスト入力部分に「こんにちは、〇〇です。」と入力

「Update Snippets」を忘れずにクリック

記事の投稿画面に移動します。
ビジュアルエディタの場合は下記のマークを選択

テキストエディタでは「Post Snippets」のボタンを選択

タイトルが一覧で表示されるので、選んで「Insert」をクリック。

記事内に表示されました。

よく使うアフィリエイトのリンクも、文章と同じように登録してしまえば、ボタンひとつでリンクが挿入できます!

変数を使う

なんだか難しそうに聞こえるかもしれませんが、手順通りにやってしまえば簡単です。サクッと説明します。

たとえば「こんにちは、〇〇です。」の名前部分にツイッターアカウントなどのリンクを貼ったショートコードを作成できます。

リンクを新規タブで開きたい場合、

<a href="{url}" target="_blank">{name}</a>

と入力すればOKです。

変数部分は投稿画面から入力することができます。

2度目以降はその前に入力した変数が入りますが、この画面から編集可能です。

ビジュアルエディタではこのように表示されます。

プレビューで確認しておきましょう。

変数部分をデフォルト設定する

入力内容を変える必要が今後なければ、デフォルト設定しておくとラクです。

Post Snippets右部分の「Variables」に、「url=〇〇,name=〇〇」のように入力します。

「Update Snippets」を忘れずにクリックすると、デフォルト設定が完了です。

記事の投稿画面に移動し、「Post Snippets」から入力していきます。

挿入したいタグのタイトルを選ぶと、すでに「url」「name」欄が入力されていますね。

PHPの入力

PHPの入力方法は少し違います。まとめておくと、

  • 開始タグ「<?php」と終了タグ「?>」は書かない
  • 「Shortcode」と「PHP code」に必ずチェックを入れる

実際の入力画面はこのようになります。

記事の投稿画面でPHPを挿入してみます。挿入方法はHTMLなどと同じです。

ビジュアルエディタではこのように表示されています。

プレビューで確認しておきましょう。