WordPressで公開記事を下書き保存!プラグイン「WP Post Branches」の使い方

WP Post Branchesは、Webライターなら知っておきたい、便利なプラグインです。

▼ポイント

  • 公開済みの記事を、非公開にすることなく編集できる
  • 公開済みの記事とは別に下書き保存でき、大幅な修正でも回数を分けて編集できる
  • 修正はボタン一つで簡単に元の記事に上書きできる

WP Post Branchesをインストールする

プラグインのインストール&有効化する方法はこちら>>

http://pulpfingers-com.check-xserver.jp/273

WP Post Branchesの使い方

編集画面で記事のブランチを作る

公開済み記事の編集画面を開き、ボタン「ブランチを作る」をクリックします。

このように、記事のブランチができます。

ブランチ記事を編集して下書き保存

記事を編集したら「下書きとして保存」ボタンをクリックしてください。

「投稿の下書きを更新しました」と表示が出ればOKです。

管理画面から記事一覧を見てみると、ブランチ記事はこのように表示されます。

修正が完了したブランチ記事を上書き公開

ブランチを「公開」することで、元の記事に修正が反映されます。

上書きされたか確認しておきましょう。

このように便利ですが、このプラグインではWordPressのメディア内に画像が複製されてしまいます。
中級者向けですが、画像を複製しないよう設定することもできます。

詳しくはこちら>>

http://pulpfingers-com.check-xserver.jp/2414