【WordPress基本設定①】サイトタイトルとキャッチフレーズの変更方法

WordPressの「サイトタイトル」はインストール時に決めて設定しますが、あとから変更することができます。

サイトタイトルとは別にトップページに表示される「キャッチフレーズ」は、インストール時にすでに設定されていますが、こちらもあとから変更が可能です。

この記事では、WordPressの基本設定として、「サイトタイトル・キャッチフレーズの変更」について解説しています。

どちらの設定も、とても簡単です。ぜひチャレンジしてみてください。

1.サイトタイトルを変更する

はじめに表示されているのは、インストール時に設定したときのものです。

このサイトの場合は、赤枠で囲んでいる「WEBTIPS」です。

選択しているテーマごとに表示される場所は異なりますが、一番目立つように設定されているものがほとんどです。

サイトタイトルの決め方

サイトタイトルは、そのサイトの一番の特徴を表したものがおすすめです。

「○○ブログ」「○○株式会社」など、何のサイトか分かるようなキーワードを入れましょう。

シンプルで長すぎず、検索しやすいサイトタイトルにすることが大切です。

サイトタイトルはGoogleなどの検索エンジンにも影響(SEO)し、頻繁に変更すると検索順位が下がることもあります。注意しておきましょう。

変更手順

サイトタイトルを変更するには、管理画面の「設定」にカーソルを合わせ「一般」を選択します。

一般設定が表示されると、現在使用しているサイトタイトルが確認できます。

サイトタイトル欄に「変更したいタイトル名」を入力しなおします。

入力したら、忘れずに「変更を保存」ボタンを押しましょう。

下の方にスクロールするとボタンが現れます。

変更を確認する

変更できると、「設定を保存しました」のメッセージが表示され、左上のメニュバーとサイトのタイトル入力画面が変更されているのが確認できます。

トップページのタイトルも変更されています!

2.キャッチフレーズを変更する


キャッチフレーズは、サイトタイトルとは別に表示されるサイトの説明文です。
初期設定では「Just another WordPress site」となっています。

キャッチフレーズはヘッダー上部のパーツとして認識されるため、こちらも選択しているテーマによって表示される場所は異なり、トップページの端の方やタイトルの横などの表示になることも。

キャッチフレーズの決め方

キャッチフレーズには、サイトタイトルに入らなかったキーワードを表すことができますが、長すぎると読まれないため簡潔なフレーズにまとめましょう

検索されやすいキーワードを入れ込むと、より検索結果に表示されやすくなります。
たとえば「地名」+「イタリアン」+「おすすめ」など具体的な情報を設定しましょう。

テーマやサイトの内容によってキャッチフレーズが必要なければ、設定欄を空白にしておくと表示されません

変更手順

変更方法はサイトタイトルと同じように「設定」→「一般」をクリックすると、サイトタイトル同様キャッチフレーズの入力欄があります。

表示させたいキャッチフレーズを入力します。

下にスクロールして、「変更を保存」ボタンを押しましょう。

変更を確認する

設定が完了すると「設定を保存しました」というメッセージが表示され、キャッチフレーズの欄が変更されています。

トップページも変更されました!

☆この他にも、WordPressをダウンロードしたら初めにしておきたい設定はこちら!

サイト内の投稿記事には、ひとつひとつ異なるURLが設定されます。 URLとは投稿記事の住所のよ...
WordPressでは、サイトのトップページや投稿記事・コメントに表示させる日付・時刻の表示方法を変...