【WordPress初心者】カテゴリーを設定して記事を分ける方法

この記事では、WordPressの編集画面別のカテゴリー設定方法を、初心者さんにもわかりやすく説明していきます。

たくさんの人にサイトを訪れてもらうためにも、記事のカテゴリー分けは必要な作業です。早速始めてみましょう!

カテゴリー分けはメリットばかり

記事のカテゴリー分けをして得られるメリットは大きく2つです。

  • 読み手が、記事を探しやすく読みやすい
  • 検索エンジンが、サイトの内容を把握しやすい

サイト内が整頓されていると、読み手が必要としている記事までたどり着くのが早いため、ストレスを感じずに済みます。特に記事が増えてくると、過去記事も見つけやすくなります。

また、適切なカテゴリ分けをするとSEO対策にもなります。検索エンジンに「良質なサイトである」と判断してもらえれば、検索順位のUPに繋がります。

まずは少ないカテゴリーから初めて、以後は必要に応じて増やしていきましょう。

カテゴリー設定の方法

1. カテゴリーを作成する

管理画面から「投稿」→「カテゴリー」を選択しましょう。

カテゴリーの画面に切り替わったら、以下の3つの手順を進めましょう。

①カテゴリー名を入力
②スラッグを入力
(例えば「travel」と表記すると、URLは「http://●●.jp/category/travel」となります。)


③「新規カテゴリーを追加」をクリック

カテゴリーが作成されました!

2. カテゴリーの親子を設定する

以下の4つの手順を進めましょう。

①子となるカテゴリー名を入力
②スラッグを入力
③親となるカテゴリーを選択


④「新規カテゴリーを追加」をクリック

親となる「国内旅行」の直下に、子となる「北海道」が表示されました!

3. 投稿にカテゴリーを設定する

新エディター(ブロックエディター)の場合

記事の編集画面右上にある、歯車マーク(設定)をクリックして「カテゴリー」を選択しましょう。

分類したいカテゴリー名を選択しましょう。

画面右上の「下書きとして保存」をクリックし、「プレビュー」を選択して確認しましょう。

カテゴリーが反映されました!

旧エディター(クラシックエディター)の場合

記事編集画面の右側にカテゴリー欄があります。

分類したいカテゴリー名にチェックを入れましょう。

右上の「下書きとして保存」をクリックし、「プレビュー」を選択して確認しましょう。

カテゴリーが反映されました!

カテゴリー編集の方法

カテゴリー名を編集する

「投稿」→「カテゴリー」を選択し、カテゴリー画面に移りましょう。

右側に並んでいるカテゴリーの中から編集したいものにカーソルを合わせて「クイック編集」を選択しましょう。

「名前」と「スラッグ」を編集して「カテゴリーを更新」をクリックして完了です。

カテゴリーを削除する

「投稿」→「カテゴリー」を選択し、カテゴリー画面に移りましょう。

右側に並んでいるカテゴリーの中から、消去したいものにカーソルを合わせて「削除」を選択して、完了です。

「未分類」カテゴリーを削除する

「未分類」というカテゴリーはデフォルトになっているため、「削除」という項目が表示されません。

つまり、「未分類」を削除したい場合は、デフォルトで分類されるカテゴリーを新たに作成すればいいというわけです。

もっとも簡単な方法は、「未分類」という名前を、異なるタイトルに変更する方法です。

「投稿」→「カテゴリー」を開き、右側のカテゴリー欄の「未分類」にカーソルを合わせて、「クイック編集」を選択しましょう。

新しくデフォルトにするカテゴリーの名前とスラッグを入力して、「カテゴリーを更新」をクリックしましょう。


これで、特定のカテゴリーに分類されなかった記事は、以後「お知らせ」というカテゴリーにすべて分けられることになります。