【WordPressインストール】wpXで独自ドメインを使う方法

独自ドメインでWordPressをインストールするには、前もってドメインとサーバーの紐づけが必要

今回はレンタルサーバーのひとつである「wpX(ダブリューピーエックス)」を使い、「バリュードメイン」で取得している独自ドメインに、WordPressをダウンロードしていきます。

ちなみに「wpX」は、接続が安定していることで有名なXserverが運営する、WordPress専用のレンタルサーバーです。

wpX公式サイト
>>wpX

WordPressインストールの流れ

独自ドメインでWordPressをインストールするには、前もってドメインとサーバーの紐づけが必要

ドメイン所有者確認
ドメイン追加
WordPressインストール

独自ドメインでWordPressをインストールするには、サーバーとドメインを紐づけるために準備が必要です。

詳しく説明します。

1.【バリュードメイン】ドメイン認証

まずドメインの所有者を確認する「ドメイン認証」という作業が必要です。

今回は「Whois(フーイズ)認証」の場合を説明します。「Whois認証」では、ドメインのネームサーバーをwpX指定の形に変更しなければいけません。

バリュードメインの管理画面にログインします。
>>バリュードメインにログイン

トップページ左上のメニューにカーソルを合わせます。
バリュードメイン
「コントロールパネル」→「ドメインの設定操作(登録済みドメイン一覧)」を選択。

下記の画面が表示され、バリュードメインで取得しているドメインが一覧で出てきます。

今回WordPressをダウンロードしたい独自ドメインのネームサーバーを選択しましょう。

下記の画面が表示されます。

wpXで指定されているネームサーバーを入力していきます。

ネームサーバー1 ns1.wpx.ne.jp
ネームサーバー2 ns2.wpx.ne.jp
ネームサーバー3 ns3.wpx.ne.jp


下にある「保存する」ボタンを忘れずにクリックしたら、ドメインの所有者確認ができるようになります。これでバリュードメインでの作業は完了です。

2.【wpX】ドメインを追加登録

サーバーwpXにドメインを追加登録して、サーバーとドメインの紐づけが完了します。

wpXの管理画面にログインします。
>>wpXにログイン

「ドメイン追加設定」→「ドメイン追加」を選択します。

※「サーバー管理」がグレーでクリックできない場合、サーバーIDが設定されていないことも。その際は登録しなおしが必要です。

WordPressをインストールするドメイン名を入力→「ドメインの追加(確認)」をクリックします。

次の画面で、
①認証方法から「Whois認証」を選択
②「ドメインの追加(確認)
③間違いなければ「ドメインの追加(確定)」クリック

これでドメインの追加は完了です!

3.いよいよwpXでWordPress新規インストール

wpX管理パネルで「新規インストール」を選択します。

入力項目を埋めていきます。

①サイトアドレス

サイトのURLです。登録したドメインを選択します。後から変更することはできません。

②WordPress ID

WordPressのダッシュボードのログインに必要なユーザー名です。後から変更することはできません。

③ブログタイトル

サイトのタイトルです。覚えてもらいやすく、キャッチ―なタイトルにしましょう。あとから変更できます。

④メールアドレス

ウェブサイト管理者のメールアドレスを入力します。あとから変更できます。

⑤独自SSL

ここでチェックを入れているのは2つです。

  • 「独自SSLを利用する」
  • 「https:// へのリダイレクト設定を有効にする」

SSL(Secure Sockets Layer)は、通信のセキュリティを高める効果があり、HTTPS化ともいわれます。インターネット上でデータを送る際に暗号化する仕組みのことです。

URLの左側に鍵マークがついているものがSSL化されている証拠です。

wpXではCSR情報を設定しなくても独自SSLが可能なので、今回は設定していません。

SSLの設定が推奨されているのはなぜ?

主な理由は3つあります。

  1. ユーザーのセキュリティ向上
  2. Googleにより推奨されている
  3. SEOへの影響

データが通信時に暗号化されることにより、第三者からデータを見られたり盗まれたりすることを防ぎます。

そういった安全面から、GoogleもサイトのSSL化を推奨しています。特にSSL化されていないサイトでは、2018年からURLの前部分に「保護されていません」「保護されていない通信」など警告が出るようになりました。

せっかくサイトを訪問してくれた人も、このような警告を見たらすぐにサイトを離れてしまうかもしれません。

またSSL化されているかどうかは、Googleの検索順位にも影響を与えることが公表されています。SSL化されていればSEO面で有利です。

情報の入力が終わったら

ボタン「次へ進む」で次へ。

入力した情報を確認し、「確定(WordPressをインストール)」をクリック

インストールが終わったら、このような画面が表示されます。

しばらくはサイトを反映するのに数分かかるので、画面に「無効なURLです。」など表示されても慌てずに、しばらく時間をおいてみましょう。

インストールの確認方法

wpX管理パネルの「インストール済みWordPress一覧」から確認できれば、ちゃんとインストールされています。

「ダッシュボードへ」をクリックするとWordPressの管理画面(ダッシュボード)が確認できます。


WordPressのダッシュボードへアクセスするには、URLの「〇〇.com」のあとに「/wp-admin」と入力してもOKです。