【WordPressの基本】「投稿」と「固定ページ」の違い

WordPressを使い始めて最初に気になり始めることの1つが、「投稿」と「固定ページ」をどのように使い分ければいいかということ。2つのページの違いをよく理解したうえで、サイト作成を進めていきましょう。

【比較表】「投稿」と「固定ページ」の違い

投稿 固定ページ
時系列で表示
カテゴリーやタグでの分類
アーカイブページの生成
RSSの配信
日時に依存しない
ページを好きな位置に固定
親子関係の設定

投稿

特徴

  • 一覧画面に時系列で表示される
  • 記事をカテゴリーやタグで分類できる
  • アーカイブページが作られる
  • RSSが配信される

「投稿」は、更新頻度の高いページを作成するのに適しています。

時系列で表示される

最新の記事が常に一番上に表示され、時系列に並びます。

記事をカテゴリーやタグで分類できる

投稿記事はカテゴリー分けをしたり、タグを付けたりすることができます。

カテゴリーで分類することによって、読者が読みたい記事を見つけやすいというメリットがあります。


>>詳しいカテゴリー設定の方法はこちら

http://pulpfingers-com.check-xserver.jp/427

カテゴリーの設定は必須ですが、タグの設定は任意です。
記事内の重要なキーワードや、カテゴリーとは視点を変えた言葉などをタグとして設定することで、カテゴリーでの分類よりもより詳細に記事を分類することができます。


>>詳しい「カテゴリー」と「タグ」の違いはこちら

http://pulpfingers-com.check-xserver.jp/2203

アーカイブページが作られる

アーカイブページとは、記事を一覧で表示するページのことです。


例えば、あるカテゴリーをクリックして、そのカテゴリーに属している記事が一覧で表示されます。そのページのことをアーカイブページといいます。
カテゴリーだけでなく、タグや投稿者ごとにそれぞれ分類された一覧ページのこと全てをさします。


カテゴリーやタグで記事が分類ができることに伴い、アーカイブページが生成される仕組みです。

RSSが配信される

RSSとは、ホームページやブログが更新された際、その情報を配信する仕組みのことです。


定期的に読み続けたいと思うページがあれば、ページ上のRSSボタンからゲットできる配信用アドレスを、RSSリーダーと呼ばれるソフトに登録することで、そのページの更新情報を随時受け取ることが出来るようになります。


<<RSSのマーク

固定ページ

特徴

  • 日時に依存しない
  • 常にページが固定されている
  • 親子関係を設定できる

常にサイト上の決まった位置に情報を表示しておきたい場合、「固定ページ」を使うのが適しています。

日時に依存しない

「固定ページ」の内容は、日時に依存しません。
日時を表示させることは可能ですが、固定ページ上の投稿日や更新日は不要な場合が多いです。

常にページが固定されている

「投稿」とは異なり、「固定ページ」が時系列に並ぶことはありませんが、メニューを設定して好きな位置に配置させることができます。

親子関係を設定できる

ページに親子関係の設定ができるというのも「固定ページ」の特徴です。

例えば、企業サイトに「会社概要」という固定ページを作る場合、その下に「企業理念」や「社長挨拶」などの子ページを作成し、ドロップダウンリストで表示させることができます。


投稿画面で、親子関係を設定します。


閲覧画面を開くと、「会社概要」という親の固定ページに対し、「企業理念」という子の固定ページが表示されます。

「投稿」と「固定ページ」の使い分け

各特徴から、頻繁に更新したい記事は「投稿」で、常に固定して表示させたい記事は「固定ページ」で作成するのが好ましいことがわかりました。


以下で、サイトの種類ごとに「投稿」「固定ページ」それぞれに適している内容を分類しました。

企業サイトの場合

固定ページ
  • 企業情報
  • 事業内容
  • 実績
  • 採用情報
  • お問合せ など
投稿
  • お知らせ
  • スタッフブログ

以上のように、お店や会社のウェブサイトを作るときは、「固定ページ」で作成する項目が多くなります。

情報サイトの場合

固定ページ
  • お問合せ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 利用規約 など
投稿
  • ブログ記事

企業サイトに対して、情報サイトでは各情報の記事がメインとなるので、「投稿」を使うことが多いです。